シャンプーの選び方-若ハゲ対策


シャンプーの選び方

よく「シャンプーで髪が生えてこない」と誤解している人がいらっしゃいますが、これは大きな間違いです。
栽培に例えるなら育毛剤は肥料や水・光などの栄養分、シャンプーは畑を耕しきちんと草むしりを怠らないなどの土壌作りです。
シャンプー選びは「フケや痒み」、「抜け毛」など、頭皮の状態に合わせて選ぶ事が大切。
まずは、きちんと自分に合うシャンプーを探しましょう


シャンプーの効能

市販のシャンプーには界面活性剤を配合したものもあります。
界面活性剤とは、水と油という本来混ざらない物を混ぜる作用(乳化作用)があり、これを利用して毛髪の汚れを落としています。
さらに保存剤・防腐剤・防カビ剤・殺菌剤・抗フケ剤などを使って、汚れを落としたりフケを抑えたりする効能をもつシャンプーがつくられています。

すでに頭皮の状態が良くない人は慎重に

現状、毛髪が多く頭皮の状態が良好であれば、シャンプーの種類にさほど神経質になる必要はありません。
しかし、すでに薄毛傾向だったり、頭皮に湿疹・痒みなどが生じている人は、より自分に合ったシャンプー選びも必要でしょう。
頭皮に沁みたり、使用後につっぱり感・パサパサ感などが生じるシャンプーは避けた方がいいです。
刺激が少なく、植物系かアミノ酸系で、PH6前後の弱酸性のシャンプーがお勧めです。

抗フケシャンプー

毎日キチンとに洗髪しているのに、フケが多いという人には抗フケシャンプーを使うといいでしょう。
皮脂の分泌が盛んでいつも髪が脂っぽく、フケが出やすい人にお勧めのシャンプーです。
ただし、抗フケシャンプーは使いすぎ+すすぎ不足には十分な注意が必要です。
抗フケシャンプーの主成分であるジンクピリチオンは皮膚に残ると炎症などを起こす場合があるからです。

また、頭皮が乾燥しすぎてもフケは増えます。
この場合には頭皮に潤いを与える保湿剤入りのシャンプーがお勧めです。

自分に合ったシャンプーが分からない・・・

シャンプー選びはあなたの頭皮や髪質に合わせて行うのが理想的ですが、自分では判断するのが難しいと思う人も沢山いるでしょう。
そんな時は迷わず、毛髪クリニックや行き付けの美容室などで専門家のアドバイスを聞いてみましょう。



ページトップへ


inserted by FC2 system