若ハゲになりやすいタイプ


まずは自分のタイプチェック

どのようなタイプの人が若ハゲになりやすいのか?
自分がハゲやすいのかどうかをしっかり把握することが大切です。このページでははげやすい人・そうでない人を解説しています。


若ハゲになりやすいタイプ

現状ではまだ若ハゲの症状が見られないという人のために、将来ハゲる危険性を検討してみます。

可能性-最大
父親がハゲており、母親も毛髪が少ないという人は、かなりの確率でハゲる危険性があります。
規則正しい生活習慣を守ることやキチンとしたシャンプー選びはもちろんですが、このケースの場合は個人の努力ではどうしようもない場合がとても多いようです。専門家にアドバイスをもらう等の早期対応をお勧めします。
可能性-大
父親はハゲているが、母親は問題なし。が、母親の親族にハゲている人がいた場合。
このケースも、かなり高い確率でハゲる可能性があります。
まずは、自分にあったシャンプー探しや、適度なマッサージなどで髪をいたわる習慣を身に付けましょう。
可能性-中
両親共に髪は普通だが、父方、母方の親族に若ハゲの人がいる。この場合は五分五分といったところですね。
とりあえず、髪に良くない行い(睡眠不足、暴飲暴食など)は極力避けましょう。
可能性-小
親族に若ハゲの人が一人もいない場合。
この場合は遺伝的にはハゲる可能性はほぼないでしょう。ただし、過度のストレスや極端に良くない生活習慣などから薄毛になる可能性は0ではありません。油断は禁物です。

男性ホルモンの働き

個人差はありますが、一般にハゲの症状は前頭部か頭頂部から次第に薄くなってきます。
また、前頭部にも中央からハゲるタイプと、左右からハゲるタイプがあります。
気になる人は自分がどちらのタイプなのかを確認しましょう。

ところで、なぜ前頭部・頭頂部からハゲが始まりやすいのでしょうか?
それは前頭部や頭頂部にある頭髪の男性ホルモンの感受性によるものなのです。



ページトップへ


inserted by FC2 system